July 13, 2014

グループ読書会と発表

第5章のソフトウェアで表現されたモデルサービスを読書しました。

サービス指向アーキテクチャが思いつくようにソフトウェア工学にはサービスの言葉が普及しています。

ドメイン駆動設計はモデルを3パターン(エンティティ値オブジェクトサービス)の要素に区別します。
そのパターンのエンティティ値オブジェクトに該当しないモデルがサービスです。

フラクタル

fractale

機構(Mechanism)と方針(Policy)の分離がモデリングの大切な原則で、機構にフラクタルな構造で機構方針があります。
確かに要件定義から基本設計、詳細設計の設計工程は問題の領域(What)解決の実装(How)がフラクタルな構造ですね。

三要素分析法

三要素分析法は企業システムの設計に特化した設計手法です。
モデリングのツールにXEAD Modelerが使われています。

XEAD Modeler

第5回 ドメイン駆動設計読書会@大阪 (復習)を参考にインストールしました。

環境

Windowsにはインストーラがありますが、Macは手動でビルドします。

リンク

ビルドに必要なソースコードやライブラリをダウンロードしたリンクです。

CONCEPTWARE(コンセプトウエア)で業務モデルが公開されています。